ケガの対処

こんにちは、今日はケガの応急処置についてお話します。

スポーツをされている方、そうでない方でも

一度は捻挫、打撲などの「ケガ」を経験したことがあると思います。

捻挫、打撲などの「怪我」への応急処置として

「RICE処置」を知っていただきたいと思います。

RICEとは、それぞれの処置の頭文字を組み合わせた言葉です。

Rest「安静」

すぐに動かすのはやめて安静に

Icing「冷却」

保冷剤は低温やけどの原因になりますし、湿布は冷却機能はありませんので、

必ず患部を氷で冷やしてください。

Compression「圧迫」

これ以上腫れをひどくしないために、包帯があれば軽く巻いてください。

Elevation「挙上」

腫れをひどくのしないように、患部を心臓より高く挙げてください。

この処置は、様々な箇所での痛み・腫れ・炎症の応急処置に有効です。

一刻も早く行う対処によって怪我からの回復が大きく変わってきますので

是非、覚えて行ってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Print this pageEmail this to someone
さとまち接骨・整体院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0566-98-5200

Tel0566-98-5200
タップして電話する

愛知県安城市里町4-18-30 輝ビル1F
名鉄新安城駅から徒歩15分

ページトップへ戻る