コルセットの着用について

こんにちは、今日は腰痛の際にコルセットを着用するべきか、しないべきかということについてよく患者さんに聞かれる事がありますのでお話ししたいと思います。

ぎっくり腰など、腰部を少しでも動かしたら痛いという状態を経験されたことがある方は
コルセットを着用すると腰椎と骨盤が固定され、安定するため楽になるという感覚を味わったことがあるかと思います。
たしかに痛みの要素である動きを止めるので痛みを回避できるといったことが考えられます。
しかし視点を変えてみると腰椎の動きや骨盤の動きを制限している(関節が固まりやすい)(動きがないから周りの筋肉も固まりやすい)ということともう一つ大事なことが自力で腹圧をかけずに立っているということです。
この腹圧というのがとても大事で、これがかけれなくなると人間は立って体を真っ直ぐ支える事が出来なくなります。
姿勢も悪くなりお腹もポッコリ前に突き出るといった見た目も良くない状態になっていきます。
ですので何が言いたいのかと言いますと、コルセットは非常時だけ着用していただき後はあまり着用すべきではないという事です。長時間移動や腰に負担をかける動作など腰を痛める危険性がある場合はよいですが、普段から予防としてコルセットを着用する癖がついてしまうと腹圧がかけれなくなり結果的に腰痛が起きやすい体にも
なってしまうので、気をつけて下さいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Print this pageEmail this to someone
さとまち接骨・整体院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0566-98-5200

Tel0566-98-5200
タップして電話する

愛知県安城市里町4-18-30 輝ビル1F
名鉄新安城駅から徒歩15分

ページトップへ戻る