坐骨神経痛について知っておくべき5つのこと

こんにちは、今日は足が痺れるお尻が痛いふくらはぎの外側か痛い等の症状が出る座骨神経痛について
あなたが知っておくべき5つの事について簡単にお話ししたいと思います。

なぜこの話をするのかと言いますと、座骨神経痛に悩んでいる方が少しでも座骨神経痛の真実を理解していただき、早い回復に繋がればと思ったからです。

1、痺れている所に原因はない
よくふくらはぎの外側や足の指先が痺れたりしますがそこに原因は無いので触っても何も変わりません。

2、薬を飲んでも治らない
一時的に痛みがマシになるだけであって神経性疼痛等と言われてそれに対する薬を処方され飲んでも痛み、痺れの原因が何も変わらなければ現状は変わりません。

3、電気治療では治らない
事実、電気治療のみで坐骨神経痛が根本的に改善するといった例はあまり聞いたことがありません。

4、痛みと痺れの原因が別の違う場所にあることがある

原因は1つと限られているわけではなく、痛みと痺れが違う箇所からの原因で出てる場合があります。
それを見抜かない限りは両方とも消し去ることができません。

5、首や肩甲骨、お腹を治療する事で治る
頸椎のバランス、肩甲骨の動き大腰筋(お腹からアプローチ)の硬さなどは坐骨神経痛や椎間板ヘルニアを改善するにあたってかなり重要です。痛みが出てるところ触らなくても今述べた箇所を触るだけで痺れがなくなる事も多々あります。

以上
座骨神経痛に対する事実でした。もし座骨神経痛にお悩みの方は、上記の事を参考にしてみて下さいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Print this pageEmail this to someone
さとまち接骨・整体院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0566-98-5200

Tel0566-98-5200
タップして電話する

愛知県安城市里町4-18-30 輝ビル1F
名鉄新安城駅から徒歩15分

ページトップへ戻る