糖化と酸化

こんにちは、今日は糖化と酸化についてお話します。

最近にわかに注目を浴びている「糖化」みなさんご存知でしょうか?

活性酸素による酸化が「体のサビ」と呼ばれるのに対して、糖化は「体のコゲ」と表現されるらしいです。
糖化のコゲは酸化のサビよりも悪影響を及ぼすらしいです。

糖化が起こると酸化よりも老化が急速に進んでしまうとのことです。

身体は、ほとんどタンパク質で構成されていてタンパク質には、体内に入ってきた糖と結びつきやすいという性質があります。「糖化」とは糖が、血管や皮膚のタンパク質と結合することでタンパク質が変性し、AGEが作られます。AGEが体内で増えてしまうと体を構成するタンパク質が、本来の役割を果たすことができなくなってしまいます。

つまり老化が進み病気になりやすということなのです。
当然、日常生活にも影響が出てきます。

食生活を見直し低糖質を心がけてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Print this pageEmail this to someone
さとまち接骨・整体院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0566-98-5200

Tel0566-98-5200
タップして電話する

愛知県安城市里町4-18-30 輝ビル1F
名鉄新安城駅から徒歩15分

ページトップへ戻る