腰痛に効くストレッチ

こんにちは、今日は腰痛に効くストレッチについて簡単にお話ししたいと思います。
腰痛にもパターンがありますが、統計的に見て効果的なストレッチが
いくつかありますのでぜひ試してみてください。(今回はBest3にまとめてみました)

3位
ハムストリングス(太ももの裏)のストレッチ。

太ももの裏の筋肉は腰部の筋肉と共同筋となっていて同時に働くことがとても多いです。
ですのでここが硬くなっていると連動がうまくいかず腰に負担がかかりやすくなるので
腰痛ののリスクが高くなります。逆に緩めることによって腰部の負担が解放されます。

(手の位置は写真のようにつま先を掴まなくても大丈夫です。膝の上に力を抜いて置いて手ではなく、胴体を倒すように意識しましょう。力を抜いて左右各30秒ずつ2セット)

2位
臀部(おしり)の筋肉のストレッチ。

腰痛治療する際に腰を触らなくても臀部を緩めるだけで腰痛が消えることも多々あります。
腰の筋肉に行く大きな血管を臀部の筋肉を緩める事で解放できることや腰部との筋膜のつながりなどを考えても、
ここのストレッチはかなり重要だと思います。

(この写真が良い見本ですので、これのマネをしてください。力を抜いて左右30秒ずつ2セット)

1位
大腰筋のストレッチ。

この筋肉は腰椎から股関節に向かって走っていてお腹の奥についているのですが大腰筋が短縮してしまうが故に
腰痛が起きていることがよく見られます。
椎間板ヘルニアや坐骨神経痛もこの筋肉が大きく関与しておりかなりの確率で腰痛持ちの方は大腰筋が縮んでいることが見られます。
ここが緩むと腰痛が楽になるだけでなく足の動きも軽くなりますし、首の動きも楽になりますよ。

(股関節の前側にストレッチ感が出てくればしっかりできています。腰を反りすぎると逆効果になるので注意してください。左右各20秒ずつ2セット)

この3つのストレッチをしっかり行うことで腰痛を改善できることが見込まれますので
もし今現在、腰痛で悩まれている方は是非1度試してみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Print this pageEmail this to someone
さとまち接骨・整体院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0566-98-5200

Tel0566-98-5200
タップして電話する

愛知県安城市里町4-18-30 輝ビル1F
名鉄新安城駅から徒歩15分

ページトップへ戻る