治療院ストーリー

私が今こうして、この仕事を出来ているのは、私を健康な体で生んでくれ育ててくれた両親のおかげです。本当に感謝します。

そして私をいつも支えていてくれているたくさんの大切な方達に感謝します。
im_story2私は愛知県蒲郡市で生を受けました。幼少期、当時の方達に聞くと私はとてもかわいかったそうです。いまはその面影もなく類人猿系のゴツイ人間になってしまいましたが…

小学校に入ってからは、バスケ部に所属し下手ながらも厳しい練習に耐えながら卒業までやれたのはいい思い出です。当時は練習中に水を飲んではという時代で、あまりにのどが渇くと部活仲間とトイレに行くといってトイレの蛇口から直接飲んでいました(笑)そして、怪我した時などに近くの接骨院に行っていたのが初めての接骨院との接点となります。

中学校時代は軟式テニス部、高校時代は弓道部に所属。弓道部ではいまでもたまに集まる部活仲間や先輩後輩と出会え、過ごせたことが本当に素晴らしい思い出です。いまでも話していると当時の感覚のままなのは不思議です。
im_story3大学は新潟に進学しました。そこで弟の留学先のアメリカに行ったことで海外旅行にどっぷりはまってしまい、そこから現在まで(最近は行けていません、涙)世界をたまにフラフラ行っています。特に大学卒業直後にボランティアで一ヶ月過ごしたギリシアでは7カ国の人と共同生活を送り、毎日毎晩喧嘩したり、議論したり、踊ったりで一生涯忘れない濃厚な時間を過ごせました。普段は英語で会話ですが、人は喧嘩をするとお互い母国語になります、何を言っているのか分からなくても何となく何を言っているかは分かるものですね。汚い言葉のニュアンスは万国共通でした(笑)

ボランティアから帰国後、私の今を決心させることになるきっかけとなった西尾市の福祉施設に就職しました。7年半程、勤めたのですがその間に何度かギックリ腰に。

そんな時、職場の先輩に紹介してもらった接骨院に通院。立つのも辛い腰痛が何をしているか全くわからなかったのですが、不思議なことに毎回治るのです。もともと、身体の不思議さと可能性について興味を持っていたので、柔道整復師という資格のことを調べて、伝統の「米田柔整専門学校」を受験し合格。

専門学校時代は年齢の離れた同級生たちと共に楽しくも刺激的な時間でした。初めての医学の勉強は大変でしたが国家試験も無事に一発合格。

就職は在学中に実習でお世話になった岡崎市の「かとう整形外科」に。院長の厳しくも温かいご指導と先輩先生にリハビリやギプス、テーピングなどを熱心に教えていただき、そしてスタッフの方、患者様に5年半育てていただきました。同期に戦友とも呼べるKM先生と出会いました、KM先生がいなかったら厳しい修行生活を全うできなかったと思います。毎週木曜日の業務後の勉強会は忘れられない思い出です。本当に感謝しています。

そして、平成27年1月、色々な縁があって安城市里町にて最初の目標であった「さとまち接骨院」を開業しました。家族、友人、同業の仲間、クリニックの院長、先輩後輩や同僚、関わってくれた皆様に助けられながらここまできました。

さとまち接骨院は地域で一番の治療院を目指し、技術やサービスの質の向上のため日々精進しております。どうぞ末永くご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

長文を最後までお読み頂きありがとうございました。

さとまち接骨院 院長 坂口純也

さとまち接骨・整体院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel0566-98-5200

愛知県安城市里町4-18-30 輝ビル1F
名鉄新安城駅から徒歩15分

ページトップへ戻る